過払い金請求を依頼するときに気をつけること

過払い金請求は、弁護士か司法書士に依頼するのが一般的かと思います。

自分でサラ金等に交渉したり、裁判をしたりすることも可能ですが、個人でやるには限界があるようです。

司法書士(認定司法書士)は簡易裁判所における訴訟の代理権しかありません。

取引履歴が長く、過払い金が140万円を超える場合は地方裁判所の管轄となり、司法書士(認定司法書士)は訴訟を提起することができませんので、最初から弁護士に依頼するのがお勧めです。

弁護士に依頼するとしても、弁護士によって、過払い金請求に長けている弁護士とそうでない弁護士がいます。

中には、過払い金全額の支払いを請求せず、交渉のみで著しく低い金額で和解してしまう弁護士もいます。

裁判をすると、その分の弁護士費用・経費がかかり、過払い金の一部のみの和解の方が結局は得、ということもありますが、弁護士の都合によって裁判をしない、ということもあるのです。

過払い金を裁判で回収する実績のある弁護士だと、交渉でも過払い金が全額に近い額で和解することができますが、裁判実績のない弁護士は、サラ金等でも「どうせ裁判にならないから」と不当に安い金額で和解しようとすることもあります。

過去の実績を考慮して、良い弁護士を選びましょう。


シティカードジャパン


<<前のページへ   次のページへ>>