サラ金の歴史とは

サラ金の歴史とは

サラ金の歴史を考えてみると、それはあるときから業者が個人に小口に融資をしていたのが始まりだといわれます。現在のサラ金会社の始まりとしては、1960年代から1970年代にかけて営業をはじめているということですね。この時代からがサラ金業の始まりだといわれています。しかし、そのころには、まだ今ほど法律もありませんでしたので、今の闇金くらいの高い金利でお金を貸していたといわれています。そして「取立て」ということでも、かなり厳しく行われていたこともあって、イメージとしてはとてもくらい印象が強かったというものです。

最近でも「サラリー金融」「サラ金」などと悪徳業者のかたまりみたいな言われ方をしていた時代もありました。現在でもサラ金と耳にいれただけでも悪いイメージがつきまとっている場合もあります。それは取立てが厳しいことや、金利があまりにも高いことなどでとても印象が悪く受け取られてしまったことが多いからでしょう。

それは、現在でも金利のことなど健全な金利とは言えない貸出でお金を貸しているところなどもあり、ダークなイメージやネガティブな印象とは切り離せないところもあります。

こちら



しかし、最近のサラ金では明るいイメージを引きだそうとコマーシャルなどで印象を引き立たせようとしています。1980年代ころからテレビなどで宣伝している効果は強く、前のイメージとはだいぶ違ってきたことがあります。ほかにも街角でポケットティッシュを配ったり、ペットや有名女優などを宣伝に使っていることなどが戦術としてイメージアップにもつながったのかもはしれません。

サラ金の限度額と審査基準

同じサラ金でも限度額というものがかなり違ってきます。限度額が大きいい方がいいと思っているひとでは、モビット・アットローン・DCキャッシュワン・プロミスなどがあります。限度額としても上限が300万円ということではサラ金の中でも高い融資額になります。他にもスタッフィの120万円・武富士の100万円・アイフルの100万円・クレディアとノーローンの100万円があります。

こちら



しかし、限度額ということでは意外にも大手のアイクやアコムそしてディクやレイクなどの限度額50万円という融資額ですね。それはともかく新規での申し込みの場合といいますので、しっかりと返済していくことができれば上限額というものも上昇して行く傾向があります。

また、借り入れる場合には、必要不可欠な金額のみを借りることが大切です。いくら上限が300万円であるからといって使うということではあとの返済が大変になってきます。限度額ということでは「使ってもいいお金ではなく」あくまでも「限度額」であるということです。

そして借入れをする場合の「審査基準」についてですが、それは「借入れた場合に、返済する能力があるか」ということなどを審査することですね。サラ金でも審査では「甘いところ」「厳しいところ」とあって審査の結果によってはお金をおりることができないようになっています。

こちら

それには、信用情報機関などに載っているものや勤務先などによっても審査に作用してくる場合があります。それは過去に延滞をしていた記録や、勤務先に勤めてまだ日が浅いという人など審査が通りにくいことなどがあります。

バンドの活動費の費用のためキャッシング

僕は子供の頃からとても歌がうまいといわれ、親にも歌手になれるんじゃないかといわれ、

歌のレッスンなどにも通っていました。

成長期を迎えて低い声になってもそれはそれでいい声だったので、本当に歌手になれるかもしれないと思ってました。

高校生になると周りはバンド活動をはじめてたみたいでした。

僕的にも歌手は歌手でもバンドけいたいでもいいかもしれないなと思ったので、バンドをしている連中に僕が歌手になることを小さい頃から目指していることを伝えるとバンドしていたみんなは、ちょうどボーカルだけいないからぜひやってくれと、頼まれました。

そしてスタジオへいって、当時流行っていた曲などをコピーして歌っていました。

こちら



バンドで歌うのはカラオケとは違い、歌っていてとても気持ちよかったので、バンドでボーカルとして歌手になろうと決めました。

そんな僕たちは高校を卒業してもバンド活動を続けました。

バンド活動とは売れるまでは結構活動費がかかるものです。

もちろんアルバイトもしていましたが、大きな会場でのライブハウスなどの場合、僕たちは無名だったのでチケット代を自分たちではらわなければならなく結構大きな出費でした。

なかなか有名になれなかったので、いつも自分たちでチケット代を支払っていたのでお金が足りないこともしばしばありました。

そんなピンチなときはキャッシングでお金を借りて、やり過ごしていました。

まだ僕たちは芽が出ていないですが、いつかCDを出せるようなバンドを目指してがんばっています。

ピンチなときまたキャッシングでお金を借りようと思ってます。


こちら-こちら


<<前のページへ   次のページへ>>