サラ金のブラックリストとは何かを分かりやすく説明

民間のサラ金で初めてキャッシングされる方は問題ないですが、借り入れ件数や借り入れ総額も多く首が回らない多重債務の方が毎月の返済が遅れたり、未入金が数ヶ月、申し込み時の記載内容に変化があったのに届け出もしなかった場合など、信用度も下がり、そのような事が頻繁に続くと事故情報が掲載されます。

こちら


過去の取引状況に踏み倒しや未払いなどのいわゆる事故取引が発覚した場合は、一発でブラックリストに掲載されます。

こちら

これは民間の情報信用機関が照合して過去の取引状況を確認できるためで、一度ブラックリストに掲載されると10年は消えないと言われています。

こちら


ブラックリストに掲載されますと、サラ金や銀行はもちろん審査にはまず通らず本当に融資が必要な住宅ローンや教育ローンなどを組む事ができなくなってしまうのです。
ブラックリストに掲載される事は、言い換えれば契約内容の利用規約を守れなかった人の集まりのリストで誰のせいでもなく自分に責任があります。

こちら


毎月の返済期限を遵守し正しい利用法でキャッシングしていればブラックリストに掲載される事はありませんので、計画的なキャッシングライフを心掛ける事が大切です。



<<前のページへ   次のページへ>>