車に関する体験レポート

車に関する体験レポート

 私の普段乗っている車はマツダのアテンザスポーツ25Sという車種で、今からちょうど5年半ほど前に新車で購入しました。最近、マツダのアテンザやアクセラがモデルチェンジをして新バージョンが出回っていますが、ちょうど私が購入したときもフルモデルチェンジしたばかりの時期でした。

 私が購入したバージョンが2代目ということになり、今のバージョンが3代目ということになります。3代目の今のバージョンのアテンザやアクセラはエクステリアしか分からないのですが、2代目と3代目を比較すると、私が購入した2代目のバージョンの方がシャープで優れていると思います。

 アテンザは特別高級車という訳ではありませんが、価格が安いという訳でもなく、世間的には中級車という位置付けのようですが、ヨーロッパとりわけドイツでは人気のある車種であり、アウディや日本車のスバルレガシィなどがライバル車として位置付けられているそうです。

 私がアテンザスポーツを新車で購入したときの乗り出し価格は300万円前後だったと記憶しています。5年ローンで購入し、今はローンも終了していますが、それほど年収の多くない私にとってはこの5年間は結構きついものでした。

こちら



 しかし車の走行性能にはかなり満足しています。特に高速道路を走っているときなどの静粛性はなかなかのものであり、当時住んでいた関西から北陸道を経由して実家のある東北の岩手県まで、1000キロの旅路を12時間かけて帰省したことがありますが、体への負担は少なく、とても安定した乗りやすい車であることを、改めて実感させられたことを今でも覚えています。

 この2代目アテンザでは既に80,000キロを走っていますが、大変気に入っている車ですので、少なくともあと5年は乗りたいと考えています。

 問題は燃費性能であり、アクアやプリウスとは比べるべくもないのですが、一般道を普通に走行しているときはリッター7キロ前後ではないかと思われます。この点が家計費という観点からは少しきついところではあります。

不要になった車の売却方法

自分が乗っている車が不要になった場合は、ほとんどの方は処分すると思います。車が不要になった理由は人それぞれですが、別の車が欲しくなったり、車を保管するのが大変になったからなどさまざまな理由が考えられると思います。

こちら

処分するにしても、少しでも売却して自分の利益にしたいと考えるのではないでしょうか。車の売却の方法としましては、ディーラーへの下取りとして出す場合と、中古車買取専門店などに車を買取ってもらう場合があります。ディーラーへ下取りに出した場合のメリットは、次に購入する車と今、乗っている車の売買が一緒に行なえることではないでしょうか。車の売買には面倒な書類の手続きがありますが、すべてディーラーの方にお任せできますし、ディーラーの方はその道のプロですので、安心感が非常に大きいと思います。次に中古車買取専門店を利用する場合のメリットはどのようなものがあるかと言いますと、中古車買取専門店ですので、車の査定を下取りに比べて高く見積もってくれることが言えると思います。しかも、現金を手にする事ができますので、車を売ってでも現金を手にしなければならないような状態になった方や、少しでも現金を手にしてその分車のパーツを買ったりしたいと思っている方にとってはこちらの方が売却するうえで合っている方法と言えるのかもしれません。下取りでも車買取でもそれぞれ良いところがありますので、自分にあった売却方法を見つける事が大切なのではないでしょうか。

こちら

車を売るなら

車を売るならやはり個人取引

車を売るとしたらやはり個人売買が利益にはなります、しかしなかなか顧客がいないものです、そこで必要なのがこれから免許を取る人に目を向けることです。

誰でも免許がほしいのは車に乗りたいからです、これから免許を取る人が多くいればその人たちに車を売るチャンスがあるということです。

このような人たちと交流を深めておくことが大事です。

免許を取得する人はたいがい18歳ですのでなかなかお金は持っていません。それなので、その後両親の方々とも交流が必要なのです。

車を売る時の注意事項

車を販売する段階になったら、自分が修理できる腕を持っていれば、ある程度の修理の手間(工賃は)まけてあげたほうが車を次に買ってくれる時に、安心して買ってくれるので安定した顧客になります。

この顧客をしっかり確保しておけば、次の車検近くになったら車を購入するのかどうかを迷うはずです。

車を売った後に必要なのが、顧客に対してのフォローです、顧客は車についていつまでも同じ状態を望みます。

こちら



それには、しっかりしたメンテナンスが必要になるのです。そのことをしっかりと植えつけておきましょう。

車には付加価値がある

車には必ずメンテナンスというものが必要になってきます、そのメンテナンスの時期が車を売った時の付加価値になってきます。

車を買った人からメンテナンスを受けることは、顧客にとっては安心できるメンテナンスだからです、その時に次に販売するときのことを考えておけば、その顧客はどんなスタイルが望みなのかをはっきり決めることでしょう。

車を買う側にアピールする点

車を買いたい人はたいがいの人は主に道路しか走りません、ですがその使い日にはたくさんありますからその使い方をしっかり把握しておくことです、その使い道が決まればその使い方にあったメンテナンスを教えてあげることも、次に買ってくれる時に必要なことです。

個人で売買したときに問題になる点は、価格とメンテナンスなのでそのことをしっかりホローしてあげれれば、お互いに安心取引となります。

業者からの取引ですと顧客のほうも、クレームをつけるときにはそれなりの覚悟をしますが、個人間ですと相談程度に収まるのです。

東京 車売る
こちら-こちら


<<前のページへ   次のページへ>>